私は30代になってから夕方過ぎの目のかすみを感じる様になりました。16時頃を回ると書類の小さい文字が見えなくなったり、パソコンの文字すらチラチラして見えにくく感じる事があります。

そして更に30半ばに差し掛かる頃から目の疲れからの頭痛を感じる様になりました。

それまでは他の要素でも頭痛に悩まされた事などなかったのですが、明らかに目→こめかみ→側頭部というルートでキーンとする感じが出てきたので目の疲れが原因だろうとすぐに想像ができるようになりました。

幸運なことに私は今ちょうどヘッドマッサージなどを施すお仕事をしていて、自分が目の疲れに悩まされる前からお客様で似たような症状を訴えていた方が沢山いらっしゃったので対策方法については多少の知識がありました。

効果は人によって様々だと思うのですが、最終的に私が今落ち着いたのは二つのセルフケア対策です。

まず一つ目ですが、根本的な事ではありますがコンタクトレンズから眼鏡の使用率を上げました。

私は幼少期から視力が低くずっと眼鏡を使用しているのですが、視力が低すぎてレンズの度数が高いのでどんなに薄型のレンズにしても目が小さく見えてしまうのを気にして自宅以外では眼鏡を使用していませんでした。

しかし思い切って夕方以降眼鏡に変えてみた所、ちょうどかすみ出す時間にリセットされた様に楽に見える様になりました。それ以来、お天気が悪い日は朝から眼鏡で過ごす日もある様になりました。

コンタクトレンズも色々なものを試しましたが、やはり眼鏡が一番目には楽だと感じています。

二つ目は、耳マッサージです。耳にはツボが沢山あるので万事に良いとはよく言われていますが、人にアドバイスをしながらツボなんて効くのかなと半信半疑な点もありました。

目の疲れに効くツボは耳たぶ側にあるのですが、そこをゆっくりと揉みほぐしたり推したりするのを気がついた時に繰り返す様にしました。

初めは効果は感じられなかったのですが、続けてると2ヶ月くらい経った所で何となく頭痛が和らいでる気がしてきました。

完全に無くなる訳ではないので自覚しにくかったのですが、その後も頭痛が出た時に耳をホットタオルで温めたり色々といじってみると確実に頭痛が和らいでるのを実感出来る様になりました。

耳たぶはすぐに手が届くところなので気がついた時には触るようにしています。

性格的にマメなことや継続するのが得意ではないので、気軽に出来ることしかやりませんが、そのストレスにならない程度のやり方が私には合っていると思います。