フリーランスでイラストレーターをしています。

基本的に日中〜夜にかけて毎日PCの画面と向き合っており、仕事内容によっては徹夜になることもあるので、目はかなり酷使していると思います。

加えて、ゲームをするのも好きなので生活のほとんどが液晶画面とにらめっこな日々を送っております。

上記のような暮らしぶりですので、目の疲れはすぐに溜まっていました。

まず、まぶたが重いところからはじまります。どんなに睡眠をとっても疲れが取れていないのか、まぶたが重いんですよね。

重くて腫れぼったくなっている感じがします。

また、PC画面をじっと見つめているので眼球が乾燥しているのでしょう、目がしょぼしょぼして辛い時がよくありました。

眼球が乾燥していると、眠くなってしまうので仕事の追い込み中などはとても困っていました。

そして、まぶたの痙攣も酷かったです。PCの触っている時間以外でも、お風呂に入っている時やご飯を作っている時にピクピクっとまぶたが痙攣してしまい、非常に気になります。

目そのものとはあまり関係がないのですが、目を酷使した翌日はクマが酷いことにもなります。

青いクマはハッキリ目の下に出てきて、不健康そのものです。

あまりにも色々な症状がでてしまい、これは目がかわいそうすぎる!と思いまして、最近は様々な対策を取っています。

一つ目は、目薬を200円台のものから2000円近くする高いものに変えてみました。なるほど高いだけあって、目にじんわりと染み込んで乾燥やまぶたの重みは改善されたと思います。

用途も「パソコン作業をする方など」と書いてあったので、ぴったり合っているようです。

二つ目は加湿器を常に稼働させる。です。これが地味に目に効きます。

やはり眼球の乾燥はよろしくないのですね。

加湿器のおかげで、目がしょぼしょぼすることも、おかしな睡魔に襲われることも改善されました。

そして三つ目が「目を温める」です。これが恐ろしいほど効果があります。

蒸した暖かいタオルをまぶたにおいても良いですし、私はドラッグストアなどに売っている蒸気で温まるアイマスクを使用しています。

目の奥から、じっくりじんわりほぐされていくような感覚で、目が一気に癒されていくのがわかります。

眠る前に目を温めますと、ぐっすり深い眠りにもなるので、翌朝のシャキッと目覚める感がたまらなく爽快です。

これらの改善策は私には効果覿面で、今も徹夜作業はありますが、以前のような目の不快感はなくなりました。

どれもオススメの対策です。